子どもがゴミ箱にゴミを入れない問題解決法・我が家の場合

家族がゴミをゴミ箱に入れてくれない問題。

子どもってなんでティッシュを使ったらその辺にポイするんでしょうね。

 

私もかつてこの現象にイライラしていました。

ゴミはゴミ箱に捨てて~!と繰り返し言ったところで子どもたちに改善はなし。

「うちの子たち、アホなの?」散らかす子どもたちを眺めながらぼんやり思った時もあったんですが…原因は違うところ、家族に合わせた片づく仕組みが作れていなかっただけなんですね。

整理収納を知ってそれが分かりました。

 

それを解決したのが「ティッシュとゴミ箱はセットで置く」

 

ティッシュを使った後、わざわざゴミ箱に移動するのが面倒だからその辺にポイ。なら、ティッシュを使ったら目の前にゴミ箱があればいいんじゃない?の発想。

我が家はこれでティッシュのポイ捨てがなくなり、やがてお菓子のカラ等もゴミ箱に捨てるようになりました。

 

他にもコツがあって、ひとつはゴミ箱の形。若干遠くからでもポイ捨てができるように「フタを外し口も大きめのモノを選んでいます。(これは面倒くさがり一家の我が家にだけ当てはまることかもしれません笑。)

以前、ちょっとスタイリッシュなシュッとした細身のゴミ箱を配置したら、このポイ捨てゾーンが狭かったらしくゴミ箱の周りにゴミが散乱。ということで15年以上使っているこのゴミ箱がいまだに手放せません。

 

もうひとつは、「リビングのゴミ箱を1個だけ」にしたことです。それまでは数が多いほうが捨ててくれるのではないかと2個置いていたのですが、いつも誰かがゴミ箱を移動させていてゴミを捨てたい時にゴミ箱を一瞬探すということが日常茶飯事。

2個だと、1個くらい自分で動かしてもいいだろうと、戻さなくてもいいだろう、の甘えも働いていたようです。この「一瞬探す」の段階で子どもの手からはゴミがポロリ…ゴミ箱に入ることはありません。

こんな流れでゴミ箱とティッシュの位置が固定されてこの問題が解決しました。

あとリビングのゴミ箱を1個に減らしたメリットは、ゴミの日にゴミを回収するのがラクになったこと!

ゴミ箱1個減るだけでこんなにラクになるんだと感じました。(これで小さい家事がひとつ減りました)

 

ただ、他の方のブログでリビングにゴミ箱を多数置いたらポイ捨てがなくなった的なことを書いていた記事を昔読んだことがあるので、やはりその家族によって合う方法は違うかもしれません。

 

大切なのは家族を観察する、家族の意見を聞きながら自分の家族に合う方法を見つけていくことだと思います。

お母さんの良いと思った方法が家族に合うとは限りません。

いつもゴミが散らかるところはどこかな?家族はどんな動きをしているのかな?ゴミ箱は減らしてみる?増やしてみる?という視点で見ると感情から観察に変わるのでイラつかないし、なんなら「こっちとこっち、どっちがゴミを捨てやすい?1週間づつ実験してみるから感想聞かせてね」と家族も実験に巻き込んで我が家のゴミが散らからない仕組みを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

今後の講座・お知らせ

■整理収納の入門編です。そもそも整理収納って何?と思っている方・そのうち片づけよう思いながらなかなか片づけられない方・自分に合った片づけが知りたい方・家族が片づけてくれないとお困りの方、そんな方は…

9月11日(金)「整理収納のきほん講座」開催(※今年に入って初の平日開催。今回もビーガンカフェマーニさんにて開催です。)

 

■ニューヨークライフバランス研究所認定講師のタナカアカリさんを迎えて、よりごきげんに暮らせて幸せに生きていく情報をお話していただきます。コロナの時期を不安で過ごしている・コロナの時期も成長を止めたくない・パートナーや、子ども、職場の部下、クライエントなど、大切な人たちへのこんな時期の心理教育を知りたい、そんな方は…

10月10日(土)「レジリエンスのその先へ~逆境から成長する誰にでもできる5つの科学的な方法~」開催

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です