自分を幸せにする方法「ウェルビーイング」を学ぶ

10月6・7日の2日間、青森で「ウェルビーイングベーシック1&2」を受講しました。

全国では東京、大阪では開催されていましたが、地方では青森が初だそうです。

青森って、芸能人のLIVEなんかでも絶対に飛ばされる場所(仙台まで北上したら次は札幌とかね)なのに、なぜ今回、こんなに早く開催が実現できたか?

それは、青森の人を元気にしたいと活動しているlaveaomori project代表であり選択理論心理士、そして一般社団法人ウェルビーイング心理教育アカデミー認定ナビゲーターであるごっちゃん=後藤清安さんのおかげです。

今回の講座はごっちゃんがナビゲートしてくれました。

ごっちゃん、いつも旬の情報を青森に届けてくれてありがとうございます。

ウェルビーイングって何?

ウェルビーイングとは…

「健康とは、病気でないとか、弱ってないということではなく、肉体的・精神的・社会的に全てが満たされる状態にあること。」

                 (WHOの草案に表されている健康の定義)

日本では、本当に困ってからカウンセリングを利用することがまだまだ多いそうです。(確かに敷居が高いイメージ。)

でも本当に困ったときには、すでにエネルギーが枯渇し体力も疲弊し、今現在を何とかすることでいっぱいいっぱいで、幸せを目指すところまでたどり着けない。そうなる前に、普通の状態の段階で幸せを学べる場所を作りたい。

普通の状態でも悩みや苦しみを持っている人も多く、それが進めば心の病気になる可能性だってある。

日常の生活の中ですぐ実践できて活かせる幸せのタネを提供しよう、そしてそれを取り入れて今現在より幸せになろう、という目的で作られたそうです。

幸せって?と聞かれて明確に答えるのは難しいですよね。なんだかふわっとしているし、人によっても違うからです。

この講座では、研究者が研究・検証したデータがたくさん紹介されていて、それらを基に幸せが増える方法を伝えています。

ウェルビーイングベーシック

ベーシック1〔幸せの要因と、幸せが続く行動習慣〕

【目的】幸せに関する科学的見知から、“人生のすこやか度”を高める。

  1. ウェルビーイングとは何かを知る。
  2. 人生の豊かさに関連している要素を理解する。
  3. 現在幸せであることのメリットを知る。
  4. 幸せを高めて持続させる行動習慣について知る。
  5. 自分なりのウェルビーイングを高める方法を考える。

ベーシック2〔強みを知って活かす方法〕

【目的】自分の強みを知って、活かす

  1. ウェルビーイングと強みの関係を知る。
  2. 強みにフォーカスすることが良い理由を知る。
  3. 強みの見つけ方を知り、見つけてみる。
  4. 強みの新しい使い方を考える。

受講して得たこと

幸せは作り出せる

今まで、幸せはポジティブなものの捉え方や考え方をすることで得られると思っていました。マイナスのことが起こっても、プラス思考で乗り切る!など。

今回ウェルビーイングを学んで分かったのは、幸せは自分で作り出せるということ。それは特別なことでも難しい事でもなく、寝たり食べたり人と関わったり…と、日常の生活から作り出せるんです。

そして知って終わりではなく、ワークやシェアでアウトプットすることでより理解が深まり、実際に自分が何を実践すればよいか具体的な方法を得ることができました。

「成功したから幸せになる」のではなく「幸せだから成功しやすい」

今、幸せであることのメリットや幸せな人が成功する理由を知ることで「あれが手に入ったら」「これができたら」幸せになるのではなく、幸せだから「あれ」や「これ」を得やすくなるのがよく分かりました。

つい、もっともっと…と、今より未来にフォーカスしがちでしたが、今の自分の幸福度をもっと上げるべきだと気づきました。

強み最強

幸せな人の共通点は強みを使っていることだそうです。

まずは自分の強みを知ることが大事、でも知っているだけではなく使うことがより大事だということなんですね。

強みを知って使うことのメリットを知ったり、見つけ方のワークをしたり、事前ワークで出した自分の強みを皆で比べ合ったりも楽しかったです。

今後意識して使えるように自分の強みの活かし方のワークもして、強みを意識すると、問題解決や目標到達も意識しない時よりできそうな気がするとの意見も出て、セルフイメージが高まったのを実感しました。

最後に、一緒に受講した仲間たちひとりひとりから、私の強みを書いたメッセージを、もらいました。

自分の苦手だと思っていた部分が書かれてあり意外でしたが、他人から見てそうなら、自分の強みとして意識して使ってみようと思います。

ウェルビーイングベーシックまとめ

ウェルビーイングベーシック1&2を受講することで、幸せのタネをたくさんみつけられました。

普通に生活をして見た目は元気でいても悩みや不安を抱えている人も、今現在もう幸せだと思っている人も、今より幸せになりたいと思っているはずです。

自分を幸せにする方法を知ることで、他者に依存することなく自分を笑顔にできます。

そして幸せは伝染するんだそうです。自分が幸せになると家族や職場が幸せになる、周りが幸せになれば自分はもっと幸せになれそうですね。たくさんの人に知ってもらいたい情報です。

 

ウェルビーイング心理教育とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です