「私は子ども達に愛されている」に気づいたお片づけ・その1

今回は整理収納で大切なことに気づいたって話です。

今回依頼してくださった方は、私がこの資格を取って公に仕事をする前の修行中に依頼してくださった方。当時青森では「整理収納アドバイザー?それってどんな職業?」という時代でしたから、そんな時代に家の中に招き入れて片づけさせてくれたことに今でも感謝しています。

あれから5年…家を建て替えるとのことで、再び依頼してくださいました。

目指すは「小さくて広くて暖かい家」。

約半年間、なりたい暮らしのために依頼主さま家族、頑張ってくれました。

そしてその中で依頼主さまが気づいたことを感想に書いてくれたのでご紹介します。

片づけ後のアフターフォローの時にこのエピソードを聞いてウルウル…その後いただいた感想を読んで号泣…そして今も書きながらまた泣いて…。

まずは読んでいただきたいと思います。(写真・感想共に掲載の許可をいただいたいます。)

『半年間ありがとうございました。😊感想文書いてみたよ。 お片づけ引っ越し編 自分のことは後回しの巻

いつか、家を建て替えることになったら、加藤さんの力をかりよう!と決めてました。 今回実現して本当に嬉しいです。

加藤さんの腕めちゃ上がっていて、素晴らしかったわー。

「新居に引っ越す前にもう一度荷物全部見直すよー」と言われた時は 「もう、やだー!やだ!やだ!」と抵抗しましたが、なだめられながら、よくやった。

そして、引越して、共有スペースや母親の部屋、夫のエリアの要望にはどんどん反応して整理収納がすすみ、後は自分の物だけに。

「自分の物だから大丈夫!あとはひとりで(できる。)!」と言ったのに。 できない、何日も何日も手をつけない自分の物。 年内になんとかしたい!いかん!ここは素直にヘルプー!

アフターフォローの日にまた、加藤さんの手をかりて、やっと減りました。自分のダンボール。

「あとは、クローゼットの中をやったらほぼいいね。」と爽やかに帰った加藤さん。 私も「クローゼットは毎日使うとこだから、この正月休みにやっちゃうよ。」と笑顔で答えたのに。

正月休みが終わるまで 「いつやるの私!」と叱咤の日々。

結局やらずに後回し。

なんでこんなに自分のこと後回しにするの?何かある。何がある? もう、冬の津軽海峡に飛び込むくらいの勇気をふり絞り平日とっておいた貴重な休みに、やるぞーと飛び込みました、クローゼットへ。

まずは季節ごとに分別。春、夏、秋冬。とにかく全部寝室の床にだす。 30分後には洋服の海の中で 「加藤さん助けてー」と半べそかいてた。

これをどうしたらいいんだ。あせる自分。 また、もどしちゃいたい衝動。

いやいや、1枚1枚今の自分がお気に入りかどうか確かめてみるんだ。 それでも、全部着るような気がして。でも、こんなにいるの?と自問、自問、そして自問。

答どこ?

洋服の海の中に何年か前に2人の子どもが埼玉の大学に行ってた時に 「お母さん、母の日にエプロン欲しい。」と言ったら、2人で選んで送ってきてくれたエプロンがあって、手にとったの。

もったいなくて、使わないでクローゼットにかけてたエプロン。

「今度は使おう!気に入ってるし。」と思ったのに、少したったら 「やっぱり、いつも見えるとこに大事にかけておこうかなー」という気持ちも湧いてきて、また、少したったら、 「やっぱり、もう、今から使おう!」と つけていたエプロン外して、プレゼントのエプロンつけてみた。

柄も形も気に入ってたから、気分いい! そして次の瞬間 「もし、汚しちゃったり、ボロボロになっても、きっとまた、2人に言ったらプレゼントしてくれる。」って思ったら、急に涙がポロポロでてきてね。

私は子ども達に愛されてるんだと感じたの。 自分のことを後回しにしていたのは、それを感じないようにするため。 私は家族に愛されている。

ずっと子どものため、夫のため、母親のため、自分のこと後回しでやってきて、いつも、子どものために何ができる?家族のために何したらいいの?と過ごしてきた日々。

何か問題あると、自分が駄目なんだ、もっと何とかしなきゃ、と頑張ってた日々。

自分は家族を愛してるから、一生懸命やってこれた。 エプロンをプレゼントされた時は、子ども達2人とも家から離れてしまって、私は寂しくてこっそり泣いてた頃。

私の願いを叶えてもらって本当に嬉しかった。

だから大事にとっておいたエプロン。

2人からの愛がいっぱいだったよ。

色んなことを思い返して、しばらく泣いて、私は愛されてるって受けとめたら、何故か洋服整理の判断が早い、早い。

今の自分を大事にしたい!という気持ちで整理したら、 高かったけど、小さいシミが気になっていたジャケット、さよなら。 前は気に入ってたワンピース、今はもっと明るい色がいいなと思えて、さよなら。

去年買ったばかりだけど、失敗したな!と思うワイドパンツさよなら。

今の自分のお気に入りばかりをクローゼットに季節ごとに分けて入れて完了!できたよー! 自分を大事にしてる自分に満足。

整理収納、奥深し。 クローゼットが片付いたら、ずっとパンツスタイルばかりだったのに、また、スカートをはくようになったよ。

朝の洋服選びも楽しい毎日です。

これからの生活はもっと自分を大事にそして、丁寧に生きていきたいな。

そして、この新しい空間で何をしていこうかな、とまた、夢が広がってます。

本当にありがとうございました。』

素敵な感想ありがとうございます。文章が面白くて、読みながらその光景が浮かび笑ったり泣いたりしていました。

「ずっと子どものため、夫のため、母親のため、自分のこと後回しでやってきて、いつも、子どものために何ができる?家族のために何したらいいの?と過ごしてきた日々。何か問題あると、自分が駄目なんだ、もっと何とかしなきゃ、と頑張ってた日々」(本文より)整理収納を知る前の私のよう…共感したから涙が出たんでしょうね。

今回のスタートはここ。

本や日用品、使っているモノ、使っていないモノがてんこ盛り
こちらは主に服と寝具

仮住まいに積み上げられた荷物。

新居に引っ越す前に今一度見直すよーという問いかけに 「もう、やだー!やだ!やだ!」と抵抗した時の荷物の状態です(笑)

長くなったので続きは次回…。

今後の講座・お知らせ

■整理収納の基本的な概念を学び受講者自身の家族や職場環境ですぐに活かせるノウハウを学びます。片づけが苦手だができるようになりたい・今の生活や自分を変えたい・ムダをそぎ落として時間を有意義に使いたい・整理収納アドバイザーの資格を取得したい、そんな方は…

2月23日(火・祝)青森市にて「整理収納アドバイザー2級認定講座」開催(※次回は3月22日(月)青森市で開催します。お申し込みの準備が整いましたらお知らせいたします。)

■Instagramに日々の暮らしを載せています。フォロー大歓迎です♪

こちらから➡gokigennikaeru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です